西宮・芦屋・尼崎 文学博士によるライティング(作文)を軸とした伝える力のトレーニング
9:00-18:00(月〜土)
mail:info@syowriting.com
LINE: @edz6890u

キッズ「伝える力」トレーニング:トレーニングレッスンの紹介

syowritingでは、キッズ「伝える力」トレーニングに2つのレッスンを用意しています。( 詳しくはこちらをご覧ください。)

いずれもライティングを軸としたレッスン内容ですが、今日は「伝える力」の基礎を養う「トレーニングレッスン」についてご紹介したいと思います。

 

トレーニングレッスンは80分。
最後の10分は保護者様への説明時間に当てているので、レッスン自体は70分程度です。原則、マンツーマン指導で行います。

最後の10〜15分で、その日の成果を「見える化」するために作文を書き上げます。もちろん、そこには「自分の伝えたいこと」がしっかりと詰まっていなければいけません。

では、どうやって「自分の伝えたいこと」がぎっしり詰まった文章を仕上げるのか???

残りの約1時間、その間に文章を書くという作業はほとんどなく、ひたすら講師との対話(ディスカッション)を繰り返します。
その結果、全員のお子様が10〜15分でその日の作品を仕上げていきます。

*
実は、この対話こそ講師のスキルが問われる部分だと考えています。syowritingが誇る対話スキルについては、こちら

とは言え、レッスン生はお子様ですので、堅苦しい議論はいたしません!
何気ない日常会話から「お子様が、今考えている “伝えたいこと”」を的確に導きます。


「紙が足らない!」ということも、よくあります。(レッスン時に字数制限はないので、もちろん2枚目の用紙をお渡ししています!笑)

「こんなに書けると思わなかった!」という感想を、お子様自身からも保護者様からもいただくことが多く、その経験が「自信」に繋がっていけばいいな、とレッスンしながらいつも感じています(^^)!

書き上げた後、大きく伸びをしながら「疲れた〜。。」とおっしゃるお子様も(笑)。1時間もの間、休む間もなくひたすら頭フル回転で会話ですものね…!笑
でも「1時間、長かった?」と聞くと「あっという間すぎた!!」と笑顔で答えてくれます。「それだけ頭を使って一生懸命考えたってことだよ!」とお伝えしていますが、その「達成感」も実感していただくことができれば嬉しいな、と思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です